2013年11月05日    
このエントリーをはてなブックマークに追加

東北楽天ゴールデンイーグルス 悲願の日本一


サークル記事ではなく、個人的な日本シリーズレポートを。。
rakuten_champion

我らが東北楽天ゴールデンイーグルスが悲願の日本一に輝きました!
クライマックスシリーズから日本シリーズまでKスタでの全試合、レフトスタンドで応援しましたが、
最後は感動のあまり号泣しました。
苦節9年、2005年のあのファーストシーズンから考えれば素晴らしい進化、発展を遂げたと思います。
田中投手という絶対的エース、スーパールーキーの則本投手、シリーズ男美馬投手、最強助っ人コンビAJとマギー、
経験豊富なキャプテン松井選手、まとめ役の嶋捕手、若手のホープ銀次選手、慎太郎選手、岡島豪郎捕手、
彼らが選手団の中心となり、最高の働きをしてくれました。

2002年までは巨人ファン(松井秀ファン)だったので、今回の日本シリーズは最高のカードでした。
第7戦までもつれ、文字通り総力戦の死闘となり、一球たりとも気を抜けないシリーズでした。
ただ、160球完投の翌日に連投という田中投手の起用法は前代未聞で驚きました。
本人志願とはいえ、今後に影響がないことを祈るしかないですね。

あと、今回のポストシーズンを通して感じたのが、審判団のレベルの低さですね。
百歩譲って各球審に「ゾーン」が存在しているのは理解できますが、同じ
球審で1球ごとにゾーンが変わるのは解せません。
言うまでもないですが、誤診と騒がれたいくつかの塁審の判定にも疑問が残りました。
仮にも数いる審判団員から選抜された布陣であるはずなのに、このレベルの低さでは試合が壊されかねないと思いました。


プロ野球に関して、今年はWBCから始まり、贔屓球団の日本一と、個人的には最高の1年となりました。
松井投手もドラフトで交渉権得られましたし。
今後は侍ジャパン、アジアシリーズ、ファン感謝祭、優勝パレード、ストーブリーグと楽しみに事欠きません。
因みに優勝パレードは自宅すぐ近くなのでラッキーです。


ではまた。




by AsshieURLブログパーツその他 │

人気記事

    How to this blog
    このブログおよび同人作品について

    DBSFについて


       


      このエントリーをはてなブックマークに追加

      







    livedoor profile